八木啓代さんを迎えた
「日本の司法を考える勉強会開催のお知らせ」
この集会は終了しました。
Ustream アーカイブ
   



 メディアジャーナリズムもほとんど死んでしまったこの日本社会の中で、市民という立場から深刻に病んでいる司法に対し果敢に異議を申し立て続ける健全な法治国家のために声をあげる市民の会」代表八木啓代さんを迎え、 湘南市民の会横浜市民の会による合同の勉強会を、オリーブ神奈川後援の下、下記の通り開催することになりました。


日 時:

6月8日(土)午前11:30〜午後1:30

場 所:

神奈川県民センター 301会議室(90名収容)

概 要: ・八木啓代 (やぎ・のぶよ)氏 講演 
「市民から見た検察・裁判所・弁護士会の現状と自分たちがしてきたこと」
・ 講演後参加者との質疑応答

参加費:

500円

主 催:

湘南市民の会/横浜市民の会

後 援:

オリーブ神奈川

*なお、当日八木さんのCDと郷原信郎著「検察崩壊」/毎日新聞社刊¥1,365−の販売も行います。

*尚、午後2:00頃より、懇親会を兼ねた茶話会を予定しています。

以上


 現在、「健全なる法治国家のために声をあげる市民の会」では、捏造資料を作成した田代元検事に不起訴不当、その他の関係する検察上層部には不起訴相当の決議を行った検察審査会に審査員の平均年齢など審査に関わる情報の開示請求を行っています。

 又、当該決議に至らしめた検察補助員、澤新弁護士が元検察幹部という検察の身内であり、尚且つ検察不正の当事者である小沢一郎生活の党代表と高校時代の級友であった事実を指摘した上で、東京弁護士会に対し澤氏選任に至る経緯につき公開質問状を送り、「適切におこなっている」との法曹の良心にもとる官僚型文きり回答を受け取り、再度公開質問状を送付したところです。

 正に現在進行形で進んでいる社会的大問題の渦の中心で奮闘している八木さんのお話を、リアルタイムで伺える絶好の機会でもあります。皆様奮ってご参加ください。